Step1,古物商で可能な稼ぎのしくみ

【せどり以外の稼ぎ方】古物商許可を活用した「特化型戦略」を暴露

さぁ、今回で3回目の内容ですが古物商許可を使って「特化型戦略で徹底的に稼ぐ」という部分に着目していきます。

ただ単に商品を横流しする時代は終わっているので「どのようにして収益を発展させるのか」が今後の課題となってきます。

その準備を進める段階です。

副子

特化型戦略?なにそれ。

TAKAHASHI

うん。今は個人の時代と言っても良い。個人が活躍する時代だ。それを古物商でも応用すれば稼げるロジックを解説するよ^^

今回の話の要点
  • 差別化戦略で自分だけの立ち位置を確立する
  • 市場に求められている価値を提供しまくる
  • 結果的に圧倒的な成果を出すに行き着く
【初心者でも関係ない!】
\クリックで無料公開の内訳を見る/
“稼ぐ裏側無料公開”

【大前提として】差別化戦略で利益爆発の準備をする

世の中は差別化、個人が主役の時代と言えます。

  • SNSで数万人規模のフォロワーがいる
  • 事業レベルでも情報発信の質が変わった
  • ジャイアントキリングがやりやすくなった

つまり、強者ばかりが勝っていた時代とは打って変わって、弱者も強力な力をまとえるようになってきたわけです。

それはインターネットという力を使うことによって、全然可能です。なぜなら僕も実現しているからです。

TAKAHASHI

僕の事業用のメールマガジンの、読者数だよ。1ヶ月で100名~多いとき500名以上増える。

副子

え、、、こんなの個人にできるの?

TAKAHASHI

うん。コツコツ実践するとできるようになるし。ここまでいけば余裕で稼ぐことができる。

【影響力】個人でも差別化徹底で影響力を増す

先程のように「事業用のメールマガジン」で影響力を持つようになると、1つのジャンルの市場くらいなら「思うように動かす」事もできます。

つまり「自作自演ではなく、ファンが金額という価値を上げてくれる」から利益率をアップさせることができます。たとえば、、、。

僕以外の販売者の状況

上記の内容は「同時期に出品された商品」のオークション終了の値段になります。「商品は売れているけど」影響力がない出品者」であることは間違いありません。

これが、僕の出品になると次のようになります。

【活用する】影響力をうまく活用する

僕が出品すると、得ている影響力をうまく使います。「メールだったりSNS」を活用して「利益を最大化するための方法」をその時時によって使い分けます。

すると、下記のような状況になります。

影響力を使うと・・・

同じ商品、同じカテゴリ、同じくらいのレベルの商品を抽出してます。にもかかわらず落札額が違いますよね?

これは、紛れもなく「影響力」を使っているので起こっていることです。

副子

そんな簡単に言うけど。影響力は最初は持ってないじゃない?どうやって身につけるの?

TAKAHASHI

それは簡単さ。次の内容を見てみよう。

【気持ち=お金】対価としていただけるようになる

差別化戦略を実行する上で、徹底的に行動しまくって取引しまくる時期が必要です。

取引経験豊富にさえなれば「次第とファンが集ってくる」ということに直接繋がります。僕がどうこう言っても仕方ないので「コンサル生」の状況を見てもらったほうが早いですね。

【市場に求められる価値】徹底的に提供しまくり

つまりこれから僕たちがやらなきゃいけないことは「求められることをダイレクトに提供すること」です。

そこに価値を感じてくれた人たちが、、、。

通りすがり客
通りすがり客
この販売者さんはもしかしたら信用できるかもしれない。
通りすがり客
通りすがり客
この人から購入したら「ハッピーになれる」
通りすがり客
通りすがり客
この出品者から購入したら間違いない。

という感じで勝手に良い影響を感じてくれるようになります。その結果が「対価となって」お金で表されます。この仕組を伝えているので「稼ぎを持続」できるのです。

副子

具体的にはどうやって価値提供するの?

TAKAHASHI

それは、しっかりと最初の段階で考えておくべきポイントがあるんだ。

【大切なのはコンセプト】購入者の「心に刺さる」言葉

商品を購入する際、下記の2つの出品者がいたとして、あなたはどっちが信用できますか?

【出品者A】自己紹介欄の文面

はじめまして。最後まで責任のあるお取引をさせていただきます。よろしくお願いいたします。

【出品者B】自己紹介欄の文面

当社では「話せば分かる」をモットーに「ノンクレームノンリターン」とう高飛車取引をなくす努力をしています。

この商売をさせていただいて、●年になります。インターネット取引を楽しんで行える環境を整えることを目指しています。

よろしくお願いいたします。

副子

あぁ、何となく分かる、、、ネットでの取引って不安だもんね。

TAKAHASHI

そうだね。やっぱりインターネットで商品を買う!ということは一種の「賭け」なんだよ。だから、演技力が重要になってくる。

【大切なのは演出力】演技をして相手を魅了しろ!

コンセプトとは「相手にどう見られたいのか」を「明確に提示」してあげることです。

このコンセプトがあやふやだと「ただ、商品を安く購入したい」という要望が強いお客さんが集まってきます。つまり、、、。

インターネットで「買い物をする」ということで、あなたが抱く「不安の部分」これを想像してみてください。

はじめて商品をインターネットで購入する。という場合。どういった不安を抱くのだろうか。はたまた、「どんな楽しみ」を抱くのだろうか。

メリット・デメリット、楽しみ・不安を整理した上で、「購入したい人の願い」を叶えてあげることが「利益拡大」に繋がります。

副子

あぁ、不安を解消してくれる、信頼できる販売者さんは頼りたくなっちゃうね!

TAKAHASHI

そうなんだ。お客さんに何を提供するのかが、コンセプトの重要性だね。

【商品を届けるまでが演出】仕入れから販売までが「舞台だ!」

単にコンセプトを打ち出しても「打ち出しているだけ」の場合が多いんです。

つまり商品を販売することだけではなく「仕入れする段階からすでに、コンセプトに則った」流を打ち出す必要があります。

  1. 仕入れする⇒どんな商品を提供するのか
  2. 販売する⇒販売したら約束することは?
  3. 取引内容⇒商品を届けるまでどんな価値提供する?
  4. 取引後⇒どんな価値を提供するの?
副子

なるほど。コンセプトを打ち出したら。徹底的にそれに沿って仕入れとかぜ~んぶ一貫した活動をするんだね。

TAKAHASHI

そうなんだよ。そうすることで「あなたを信頼します!」という人が現れてきやすくなるんだ。

【圧倒的な成果】差別化戦略の先を公開

しっかりと差別化戦略を行ったら「実際にどうなるのか」を具体的にまとめていきます。僕の収益結果についても公開しています。

つまり「コンセプトをまとめ」継続して実践したらどうなるのか「未来が見える状態」となります。是非参考にしてみてください^^

ここでのポイントは3つあります。

  • 残り時間があるということ
  • 入札件数にも注目
  • ヤフオクだけでアクセスを集めている

【しっかりアクセスを集める】徹底的に注目させる

アクセスをしっかり集める事ができれば「ファンになるきっかけ」と「購入してくれるきっかけ」を自分で作れるようになります。

1商品に対するアクセスが爆発すればそれが相乗効果となって、アクセスと入札をたくさんいただくことができます。それが、下記の内容になります。

【マイナーな商品】それでも1000近くのアクセス!

そんなに人気の高くない商品でも、これだけのアクセスを集めることができます。徹底的にアクセスを集めて、オークションで競り合わせます。

終了時刻が近づいてくれば来るほど、価格が上昇していきます。結果的に利益となって返ってきます。

【そこそこ人気】そこそこでも500以上のアクセス!

これも、今の段階では600アクセスですが、最終的には1000を超えるアクセスとなっていきます。加えて、お気に入り登録されている数が70件を超えていますから収益化にも成功するはずです。

こういった取引を年間1000件以上行っています。

【超人気商品】しっかりとアクセスを集めれる商品

さらに、人気がある商品になると「残り3日」ある状態でも、すでに1000アクセス以上を実現しているものもあります。

この商品は結果的に6万円以上で終了することが多い商品です。仕入れ値からしてみても。3万円以上の利益を出すことが多い商品です。

【落札額が上昇】徹底的に競り合いをさせる

副子

本当にここまで競り合いが発生するの?

TAKAHASHI

そうさ。初心者・経験者関係なくしっかりと、アクセスを集めるコツさえ知れば問題ない。

ここで、重要になってくるのが下記の内容です。

  1. コンセプトに重視して商品を販売する
  2. アクセスを爆発させて、お気に入り登録を誘発
  3. 徹底的に競り合いをさせる戦略

【稼ぎやすいジャンル!】徹底的に公開します!

では、どんな商品がこれまでのような状況を作れるのか、しっかりとロジックを解説します。次の項目では下記の内容をまとめます。

  • 徹底的に稼ぎやすい商品ジャンル
  • アクセスを爆発させる特徴
  • 実績を作った後のお話

収益化を早々に成功させて、徹底的に稼いでいきましょう!

徹底的に稼ぎやすい商品ジャンル