Step1,古物商で可能な稼ぎのしくみ

せどりで活用する古物商許可の取り方と活用術を徹底的に伝授します

こんにちは、高橋です。

今回の内容はせどりにおける古物商許可取得の方法を徹底的にまとめていきます。

プラスして僕がやっている古物商許可証の扱い方についてもまとめますね^^

今回の内容をざっくり解説!
  1. 古物商許可の仕組みを理解
  2. 古物商許可で圧倒的に稼げる商品とは?
  3. 扱い方を間違えると大変なお金儲けの仕組み
副子

なるほど。古物商許可って資格なのかな?

TAKAHASHI

資格ではない。許可を取得する目的を間違ってはいけないので、しっかりと知識をつけていこう!

【初心者でも関係ない!】
\クリックで無料公開の内訳を見る/
“稼ぐ裏側無料公開”

せどりで活用する古物商許可の取り方と活用術を徹底的に伝授!

古物商許可は単なる許可ですが「単なる許可に見せない方法」を知ることで徹底的に稼ぎを大きくすることが可能です。

しかし、使い方を間違ってしまうと法律違反にもなるので取り扱いには注意が必要です。

  • 許可はなんのために取得するのか
  • 許可を取得しないで稼いだらどうなるのか
  • 正しい視点を持ってチャレンジした先のお話
  • 許可取得までの流れ
  • 許可を取得する目的
  • 許可を取得するまでの期間

など様々な観点から古物商許可についてまとめていきますね^^

ぜひ参考にしてみてください。

【基礎知識!】なんのために許可を取得するのか

古物商許可を取得する目的としては、3つの目的で僕は取得しています。

それが下記の3つのポイントです。

”高橋流”古物商許可取得の目的
  1. 自分を演出するブランディングのため
  2. 法律を守って正攻法で稼ぐため
  3. 稼ぎを拡大するきっかけをつかむため

この3つの視点をしっかりと認識して、意識して行動していくことで”稼ぎを大きくすること”に成功しています。

なので、まずはしっかりと目的を整理していきましょう。それが下記の内容になります。

【演出最強説】高橋が古物商許可でブランディングする方法

商品を購入する際「多くの購入者は不安を抱えている状態」で商品を購入していきます。

例えば僕だったら、インターネットで買い物をすることは当たり前のことです。しかし、それ以外の方々、ほとんどの人は。

”ネットで買い物?嘘つかれたらどうしよう”
”商品を返品できない?どうしよう。。。”
”どうせネットで購入するなら信用できる人から買いたい”

このように考える人の方が、圧倒的に多いです。むしろ安心して購入できない人の方が多いのが事実です。

そこで「古物商許可を取得している」という前提条件であれば、安心が生まれてそこから新規購入者を募ることも可能になっていきます。いわゆるきっかけですねー。

【法律を守る視点】許可は全員平等にもらえない!

ヤフオクでもメルカリでも「商売を行なっているのに、許可取得をしていない人」がいらっしゃいます。

新品の商品を扱うのであれば、許可は必要ないという法的解釈もありますが、中古品を扱ってお金儲けするなら絶対に許可が必要です。

許可がない場合は、罰金刑が課せられることもあるのでこの点も許可を取得する意味に当てはまります。法律を守らなかった場合についても、罰則規定があるので、後ほどまとめます。

【稼ぎを拡大】起爆剤的存在として位置付ける

結局「新規購入者」を募るための許可取得として考えたとき。しっかりと新規顧客を集めることができれば。

「塵も積もれば山となる」で収益が次第に大きくなっていきます。その収益が少しずつ拡大していくことによって、利益率も拡大していきやすくなります。

この視点がしっかりと構築できればあなたの、利益はどんどん大きくなっていくわけです。

【外部に委託したらどうなる?】行政書士に古物商許可申請をしないほうがいい理由

僕は自分で古物商許可申請することをオススメしています。

これは、単なる経費節減になるだけではなく3つの機能があると考えているからです。

  1. 自分で学んで形にすることができる
  2. 警察は忙しいから人の時間を奪わないするための「事前準備」が学べる
  3. 質問力向上と経験値が上昇する

外部に委託すれば大体7万円くらいかかりますし、自分でやれば19000円です。

たった19000円で先ほどの3つの学びを得れるのは素晴らしいことです。僕は自分でやってよかったと思っています。

【取得方法を徹底解説!】古物商許可ってどうやって申し込みするの?

ではここから、古物商許可の取得の流れについて徹底的に解説していきます。ポイントは5つのポイントがあります。

費用ですが「19000円で行える」ので、外部委託する必要もなく自分で可能です。僕は自分でやって簡単すぎました(笑)

  1. 古物商許可の位置付けについて
  2. 古物商許可を「受けれる人」の特徴
  3. 許可申請する場所と許可取得までの時間
  4. 許可申請に必要な書類の話
  5. 許可を受け取ったらすべきこととは?

これらのポイントについて整理していきます。この流れを整理すれば許可取得は簡単に実現できます。

では、早速本題に移りましょう!

【許可は資格じゃない!】許可の位置付けとは?

古物商許可は「警察から中古の商品をあなたは扱ってもいいですよ」という許可をもらうことです。

決して許可=資格ではないんですね。でも世間的に見れば資格のように見えるので「ブランディング」として役立てれます。あと、日本は商売を行う際には許可を受けることが前提であることが多いです。

日本の商売の基礎知識

下記の商売は基本的に許可を受けていないと営業法違反となることが多いですね。

  • パチンコ屋さん(風営法)
  • 居酒屋さん(深夜酒類提供飲食店営業開始届出)
  • キャバクラ・風俗(風営法)
  • 職業紹介業(有料職業紹介事業許可)
  • 薬局(薬局開設届)
  • 警備会社(警備業許可)
  • 質屋(質屋営業許可)
  • 旅館やホテル(旅館営業許可)
  • 美容室(美容院開設届)

というように、色々ありすぎて訳が分からなくなるので、この辺で終わりにしますが。

日本において、何かしらの商売(お金儲け)をしようとした時は、許可申請や届出が絶対的に必要ですね。

【あなたは受けれる?】許可を受ける必要要件

今回は古物営業法に則って、古物商許可を行なっていく訳ですが、許可申請をしても許可取得できない方がいます。

これは、多くの場合は該当しないので下記に記している人以外であれば、古物商許可は受けれるとされています。

古物商許可を受けれない方の特徴

●成年後見人
●被保佐人
●破産者で復権がない人
●禁固以上の刑、古物営業法違反、責任、遺失物・占有離脱物横領・盗品優勝譲渡受けなどの罪で処せられ刑の執行後5年経過しない人
●住所の定まらない人
●営業について成年者と同一能力を有しない未成年者

簡単に、平たく言ってしまえば、障害を持っていたり、未成年だったり、犯罪歴だったり破産だったり住所不定者は受けれないということになります。

【許可取得までの期間】どのくらいで許可がもらえる?

許可申請は、後述しますが警察署で受けるので「申請してから約40日」で許可が下りると言われています。

許可が取得できたら、警察署の「生活安全課」より許可取得のお知らせが来るようになっています。手数料としては、冒頭にも述べたとおり「19000円の手数料」を支払うことになるので、その点だけは考慮に入れておけばいいです。

【どこで申請する?】めちゃくちゃ単純な仕組み

ここで、箸休めです。許可取得までの流れを一旦整理しましょう。

めちゃくちゃ単純です。

  1. 許可申請を警察署で行う
  2. 許可取得が完了したら連絡が来る
  3. 時間があるときに申請した警察署に許可証を取りに行く

たったこれだけです。

副子

でも、書類がめちゃくちゃ難しそう、、、

TAKAHASHI

そうだね、一見難しそうだけど完璧じゃなくていいんだよ(笑)僕はものすごく適当だったことを覚えてる(笑)

【必要書類について】古物商許可申請の場所と方法

さて、ここから必要書類についてまとめます。

必要書類といってもものすごくシンプルです。必要なものとしては、下記の書類です。

  1. 住民票
  2. 身分証明書
  3. 登記されていないことの証明書
  4. 賃貸契約書
  5. 保管場所使用承諾証明書または自認書

これらの書類は「警視庁の古物営業法」に関しての内容を見れば書類をダウンロードできるようになっています。

書類をダウンロードして「まずは自分なりに書いてみる」ということを行ってみてください。やっぱりわからないや!という部分は空欄で「質問できるようにしておくこと」が重要です。

では、申請時に行った僕の手順について解説します。

1,古物営業法に則った許可申請書類を準備&記入

これは、警視庁古物許可証というように、検索すればすぐに申請書類などを整備しているページが出てくるはずです。

僕の場合は全部の資料をダウンロードして書かれている通り、自分なりに全部まとめてから、警察署に行った感じです。

その中に記載されている、申請書類について詳細を見ていけばダウンロードできます。

そして、大切なのは「説明されている通りまずは自分で記入してみること」です。そうすれば「質問すべきこと」などが見えてくるでしょう。

例えば、次のような内容です。

2,申請書類で「未記入」の部分は質問できるように準備する

僕が疑問に思った部分としては下記の内容がよくわかりませんでした。

●URLを届け出る場合は、プロバイダなどから資料のコピー
●登記されていないことの証明書
●法人の定款

最後のやつについては、個人でやる場合だったので関係ないですね。これらの書類を全部持っていきます。

そして、具体的に質問できるように「質問内容を紙に書き出しておく」ことをしました。この項目できちんと質問内容をまとめておかないと「すぐに追い返される」でしょう^^

しっかりと一発で申請したいなら、準備は重要です。

3,実際に持って行って指導を受ける

さぁ、ここまできたらあとはあなたの「管轄する警察署に申請書類」を持っていくことです。

僕は警視庁からダウンロードした書類に全て自分なりに記載した状態で申請しにいきました。すると、警察署の窓口担当者から衝撃の事実を告げられます(笑)

窓口の方「この書式はどこから?」
僕「警視庁のホームページからダウンロードして記入しました」
窓口の方「この書式はちょっと違うので、こっちで書いてもらっていいですか?」

とほぼ最初から「書き直し状態」でした。

副子

えーーー!じゃあさっきの書類準備をする意味がないじゃん!

TAKAHASHI

そうだね。そうとも言える。しかし、質問したい用紙とか、全部自分なりに記載したことで「あ、こいつは自分で一生懸命調べたんだな」と思わせることができる

副子

おぉ、、、なるほど。ということは、、、。

TAKAHASHI

しっかりと細かく窓口の人が教えてくれて一発で申請できたわけ。これで1日だけで申請できるのでいかに準備が重要かってことだね。

【許可を受け取ったらすべきこと】どうすべき?

古物商許可が下りると警察署から「許可がおりましたよー」という連絡が入ります。

その後必要となってくるのは「古物商テンプレート」です。僕は楽天で古物商許可のテンプレートを作成してもらいました。大体3000円くらいだったかな?と思います。

警察署では下記のように案内されます。

「警察署と連携している組合で作ってください」

つまり警察団体の天下り先ですね。ここで作るのは「場所的にも遠かったので」僕はネットで全て申し込みを済ませました。

【徹底的に活用する!】古物商許可取得で最も儲かる手法を公開

さて、あなたは古物商許可証を活用して何をしたいでしょうか。僕の場合は最初から資金が多くあったわけじゃないので。

  • 中古の商品でもこう利益を狙える商品を扱う
  • 資金をどんどん回して多くのお金へ変えたいから商品がどんどん売れるようにしたい
  • 月100万円稼ぐ目標があった

という状況だったので、扱う商品も販売する方法もかなりこだわりました。その方法をブログで徹底的に「無料講座」として公開しています。下記から僕の記事をご覧になれるのでぜひ参考にしてみてくださ。

高橋流古物商許可徹底活用術を学ぶ