Step1,古物商で可能な稼ぎのしくみ

【せどりは儲からない!】稼ぎの限界を迎えたセラー達の行方

こんにちは、高橋です。

今回は稼ぎの限界「お金儲けに疲れてしまった販売者達」について徹底的にまとめていきます。

結局せどりは誰でもできるので「値引き合戦状態」「仕入れ合戦状態」「資金が潤沢にある人だけが稼げる商売」だということです。

今回の内容をざっくり解説!
  1. せどりはなぜ限界を迎えてしまうのか
  2. どうして稼げない状況になっても続ける人がいるのか
  3. 情報発信者だけが儲かる仕組みになってしまった状況
副子

今回の内容はめちゃくちゃ闇が深いな・・・

TAKAHASHI

そうだね。でも安心してくれ。しっかりと稼げるようになる仕組みを案内できるから。

【初心者でも関係ない!】
\クリックで無料公開の内訳を見る/
“稼ぐ裏側無料公開”

【せどりは儲からない!】稼ぎの限界を迎えたセラー達の行方

せどり業界の利益というのは年々頭打ちになってきています。

つまり「新規参入者にはかなり厳しい現実」があるわけです。その原因とも言えるのが下記の内容です。

  • 仕入れても利益が取れない商品が多い
  • 利益率が悪いから薄利多売になってしまう
  • 薄利多売になるということは、資金力が必要

つまり、現在のせどりの状況はかなり厳しいと言えます。なぜなら仕入れても商品が売れる保証なんてどこにもないからです。

仕入れたら商品が必ず売れなきゃ、物販初心者さんには厳しいに決まっています。しっかり利益を得ながら販売できる方法を教えれない状況があるのです。

【副業をしているせどらー】儲からないからしょうがない

儲からないから、別の稼ぎを求めて転職ばかりを繰り返す方も多くいらっしゃいます。

例えば、日払いの仕事とか。即金性に目をくらましてそっちの方にどんどんシフトしていってしまいます。

確かにせどりは稼げますが、独立して専業で簡単にできるほど甘い世界ではないですね。だからこそ、影で副業をやっているせどらーは意外と多いです。

僕の知人も僕にははっきりとは言いませんが、儲けがあまり出ていないので影で副業をしている知人もいました。

【延々と同じ作業】それ以外の手法を知らないから・・・

また、今やっている手法以外知らないから、他の手法には手を出さない。

独立しているにも関わらず、それ以外の手法から手を離せない。それ以外の手法を学ぶ時間がないという感じです。

  • 独立したら勉強を続けるのは当たり前
  • 探究心を持って他の手法や考え方を学ぶのは当たり前
  • 継続的に、何かを追い求めるのは当たり前

という感じです。

会社員時代よりも勉強するので、人間的にもレベルアップしていくのですが、ずーっと同じステージにいる方もいます。

そういった方は、長い目で見たときに稼ぎを実現できなくなり困っている方も多く見ますね。

【稼げなくなったせどらー】どうしているんだろうか

稼げなくなったせどらーさん達は「元の職場に復職したり」「誰かに雇ってもらったり」ということを行なって生計を立てています。

しっかりと生活できている人は本当に一握りです。

  • せどりで稼げない現実を知る
  • 他の手法を試してみる
  • お金がなかなか生まれず立ち行かなくなる

というように、困った現実が差し迫ってきて対応に追われていきます。実際に収益化できなくなってきた時には時すでに遅し。

という感じで、副業をせざるを得ない状況になっていくわけです。

【情報発信者もすぐわかる】こいつは稼いでいないな

情報発信者も「情報発信でしか稼げない状況だ」というのはすぐにわかります。

継続的に自分自身の実績をアップしていなかったり。「コンサルの実績ばかりを押し出している場合」です。

  • コンサルしていても実践は絶対に必要
  • 実践していないと教えれないことがるから
  • コンサルの実績ばかり出している人は危険

という感じで考えておいたほうがいいです。

そもそも、コンサルの実績は必要ですが「自身もずーっと続けているかどうか」もめちゃくちゃ重要です。内容の濃い情報は、実践しているからこそ出てきますし。

そういった意味では僕もずっと実践者であり続けるのはこのような意味があります。

【これから稼ぐには?】1つの道を示します

せどりで稼ぐためにはしっかりとした資金が必要です。資金がなくちゃ話になりません。

しっかりと稼ぎを実現したいのであれば「50万円以上の資金ができてからが勝負」と言えます。稼ぎたい金額にもよりますが、稼ぎたい金額のだいたい4倍以上の資金があれば実現させやすいですね。

”つまり、実現したい収益を実現させるための資金”
”それを作るための方法を実践すればいい”

というだけの話なので、シンプルですね。初心者であっても経験者であってもしっかりと基礎を身につけていけば、実現可能です。

その方法について僕は無料で手法を公開しています。下記のページから最初のスタートアップ記事を確認できます。

最初のステップから一緒に学ぶ